手軽に管理するためにスマホアプリ

アプリによるスケジュール管理

紙の手帳ならではのスケジュール管理について話をしてきたが、何も筆者はスマホやパソコンでのスケジュール管理を否定したいわけではない。そもそも筆者は今でこそスマホでスケジュール管理はしていますが、それは手帳を活用していた学生時代でも携帯でのスケジュール管理も併用していたからです。2つの利用なんて使いにくいかと言われると、実はそんなこともない。個人的な使い方として、

  • 紙の手帳:アルバイトなどの時間確認、咄嗟に必要なメモ帳利用
  • 携帯:手帳に記してもいる非常に大事な予定を入力・アラームをセットする

このように利用をしていた。

よほど自分のことに影響を及ぼすような超重要な情報の場合には、手帳と携帯それぞれに予定を記入して忘れないようにする、あるいは当日になっても忘れないようにスケジューリングしておけば何かあっても対応できるようにしておく、といったように防戦を張っておくのだ。

なので手帳でのスケジュール管理もいいが、スマホなどのアプリを利用して行うスケジュール管理もまた使いみちを見いだせれば自分に必要なツールとなります。ただここでも注意しておきたいのが手帳でも述べたように、『自分に適した物を見つける』という点を重視してもらいたい。この点を蔑ろにしてしまうと、上手く使えないという結果に行き着いてしまうため、要注意だ。道具を使うにはまず自分が翻弄されなくて制御できるものにする、見落としがちな部分でもあるので確認しておきたい。

おすすめスケジュール管理アプリを紹介

アナログなんて旧すぎる、これからはデジタルの時代だと自信満々に述べている人もいる。その意見を否定するつもりはないが、利用度を考えるとまだまだデジタルでのスケジュール管理が良いとは一概に言えない部分もある。それもそうだ、現在までにリリースされているスケジュール管理アプリを調べてみると、数が沢山ありすぎるのが一番の問題点でしょう。正直な話、紙の手帳以上に選ぶのが難しくなる量なので、見ているだけでどれが良いのかと迷ってしまう人もいるはずだ。

そんな人達に少しでも示唆出来るよう、おすすめのアプリで管理するおすすめスケジュールでどのような物が人気が高いのか、紹介していこう。

ジョルテ -カレンダー&システム手帳

こちらのアプリは複数のサイトでも高く評価され、ところによっては一番人気のあるスケジュール管理アプリと言われている『ジョルテ -カレンダー&システム手帳』を紹介しよう。何がいいのかというと、一番の特徴としてまるで紙の手帳を使っているかのような高機能さがウリだ。実際アプリを起動する際にはフォントや背景色の設定から始まり、文字の特徴や画像などをオリジナルカスタマイズ出来るところも良い。特徴パターン的に類似する可能性も低く、オリジナル手帳を作りたいと考えるとなったら無限の可能性が広がるため作りがいがあるアプリとなっています。

またこのアプリが高く評価されているのは、日本のカレンダーだけでなく世界35カ国もの祝祭日にも対応していることから、海外出張が多い仕事をしている、また突然決まったという人でも渡航先で活用できるところもメリットになっている。

そうした使いやすさが好評を博してか、今確実に人気の高いスケジュール管理アプリの代表格といえます。

Ucカレンダー 見やすい無料スケジュール帳アプリで管理

スマホと言っても色々な種類がある。Andoroid・iPhoneユーザーからも定評のあるものとなったらやはりそれぞれで見つける必要がある。中でもとりわけ高い評価が集まっているのが『Ucカレンダー 見やすい無料スケジュール帳アプリで管理』だ。

こちらのアプリでのスケジュール管理は、とにかくシンプルさを重視したものとなっているので、無料で使えるアプリの中ではかなりの高機能となっています。またあまりごちゃごちゃしていないので、使いやすくて利便性が高いこともあり、祝祭日だけでなく六曜なども記載されています。アプリと言ってもやはり使いやすいかどうかは人によって異なるものの、色々な機能を搭載して分かりづらいと感じるユーザーもいるので、開発側にすればそうしたニーズに合わせて考えられたアプリだ。

Lifebear -カレンダースケジュール帳とToDoタスクを無料手帳アプリに-

手帳にはスケジュールだけでなく、咄嗟に記入できるメモ帳なども必要になってきます。アプリにもそんな多機能性が問われていますが、比較的高い人気を集めているのが『Lifebear -カレンダースケジュール帳とToDoタスクを無料手帳アプリに-』だ。こちらは一時期男女合わせてスケジュール管理が出来るアプリとして検索された回数が一番多かったものとして紹介されているほど、人気を呼んでいる。男女問わず使用できて、カレンダー機能だけでなくメモ帳なども活用できるシステム手帳として利用できる部分が大きなプラス要因だ。

また機能の中にあるToDoはメモ機能だけでなく、締切や時間、タグ設定といった細かい部分まで設定できるので時間に追われる仕事をしている人には便利なアプリとなっています。

使いやすさを考えて

ここでも紹介したアプリはどれも有名ドコロとなっていますが、全ての人が使いやすいかと言えばそうでもありません。一通りダウンロードして使い、総合的に考えてどれが自分のライフスタイルと使い道に適しているか、そのことを考える必要があります。人気があるからで決めるのではなく、いかに自分が使いやすいかを焦点にするのは紙の手帳と同様に言える。